伊藤忠連合健康保険組合

伊藤忠連合健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

契約健診機関様へ

当組合では、年齢区分により補助額の上限が異なります。
年齢区分別の補助額上限及び算出方法については、下記をご参照ください。

30~40歳未満の被保険者

受診対象者:30歳以上40歳未満の被保険者(当該年度内に30歳になる方を含みます)
受診回数:年1回(4月1日から翌年3月31日まで)

負担の区分(1人あたり)

区分 健診料(税込) 受診者負担 健保負担
生活習慣病健診 18,000円未満 6,000円 健診総額(婦人科込)から6,000円の足切り額を控除した額
18,001円以上 健診総額(婦人科込)から12,000円の健保負担額を控除した額 12,000円上限
  • ※生活習慣病健診は便宜上、一般的に該当年齢で受診すると思われるコースを記載しておりますが、法定項目+1項目以上(特殊健診除く)であれば、補助の対象となります。
    ただし、例えば人間ドックを受診した場合であっても、年齢での補助額設定の為、補助の上限は変わりませ ん。
  • ○健保補助額の算出方法:
    健診総額が18,000円未満:事業所負担分を先に引き、健保負担分を算出
    例) 15,000円の場合
    15,000円(総額)-6,000円(事業所負担分)=9,000円(健保負担分)
    健診総額が18,001円以上:健保負担分を先に引き、事業所負担分を算出
    例) 20,000円の場合
    20,000円(総額)-12,000円(健保補助分)=8,000円(事業所負担分)
  • ※事業所負担分については、事業所もしくは受診者により受診者負担の場合も御座いますので、健保より送付される通知書及び、当日受診者様が持参される利用書の【支払区分】をご確認ください。

40歳未満の被扶養者

受診対象者: 40歳未満の被扶養者(乳幼児・就学者および当該年度内に40歳になる方は除きます)
受診回数:年1回(4月1日から翌年3月31日まで)

負担の区分(1人あたり)

区分 健診料(税込) 受診者負担 健保負担
家族健診
(40歳未満)
15,000円未満 なし 健診料全額
15,001円以上 健診総額から15,000円の健保負担額を控除した額 15,000円上限
  • ※家族健診は便宜上の名称となり、健診コース(項目)の指定は特に御座いませんので、婦人科のみの受診も可能です。
  • ○健保補助額の算出方法:
    健診総額が15,000円未満:全額健保負担
    健診総額が15,001円以上:健保負担分を先に引き、受診者負担を算出
    例) 20,000円の場合
    20,000円(総額)-15,000円(健保負担分)=5,000円(受診者負担)
  • ※受診者負担分については、事業所もしくは受診者により事業所負担の場合も御座いますので、健保より送付される通知書及び、当日受診者様が持参される利用書の【支払区分】をご確認ください。
    ただし、例えば人間ドックを受診した場合であっても、年齢での補助額設定の為、補助の上限は変わりません。

40歳以上の被保険者・被扶養者

受診対象者: 40歳以上の被保険者・被扶養者(当該年度内に40歳になる方を含みます)
受診回数:年1回(4月1日から翌年3月31日までの間)

負担の区分(1人あたり)

区分 健診料(税込) 受診者負担 健保負担
被保険者 34,000円未満 6,000円 健診総額から6,000円の足切り額を控除した額
34,000円以上 健診総額から28,000円の健保負担額を控除した額 28,000円上限
被扶養者 28,000円未満 なし 健診料全額
28,000円以上 健診総額から28,000円の健保負担額を控除した額 28,000円上限
乳がん・子宮がん健診
被保険者・被扶養者
契約項目内の受診であれば選択制項目以外は全額健保負担
  • ※40歳以上(年度内)の方については、法定項目及び特定健診項目(特殊健診除く)を必ず含んでの受診が必要です。補助対象項目を満たしていれば、人間ドックに限らずコースを選択いただけます。
  • ○健保補助額の算出方法:
    被保険者:健診総額が34,000円未満:事業所負担分を先に引き、健保負担分を算出
    例) 20,000円の場合
    20,000円(総額)-6,000円(事業所負担分)=14,000円(健保負担分)
    健診総額が34,000円以上:健保負担分を先に引き、事業所負担分を算出
    例) 35,000円の場合
    35,000円(総額)-28,000円(健保補助分)=7,000円(事業所負担分)
  • ※事業所負担分については、事業所もしくは受診者により受診者負担の場合も御座いますので、健保より送付される通知書及び、当日受診者様が持参される利用書の【支払区分】をご確認ください。

    被扶養者:健診総額が34,000円未満:健保担分を先に引き、受診者負担分を算出
    例) 20,000円の場合
    20,000円(総額)-20,000円(健保負担分)=0円(受診者負担分)
    健診総額が34,000円以上:健保負担分を先に引き、受診者負担分を算出
    例) 35,000円の場合
    35,000円(総額)-28,000円(健保補助分)=7,000円(受診所負担分)
  • ※受診者負担分については、事業所もしくは受診者により事業所負担の場合も御座いますので、健保より送付 される通知書及び、当日受診者様が持参される利用書の【支払区分】をご確認ください。
  • ○健診結果報告について
    健保への結果報告は、40歳以上(被保険者・被扶養者)のみ、XML形式にて報告願います。
    40歳以下の受診者については、結果の報告は不要です。

ページ先頭へ戻る