お役立ちリンク集更新履歴健保ご担当者様へ 一覧サイトマップ
事務担当者用
家族の健診は、春の「すこやかファミリー」にご案内と申込書を挟み込んでお知らせしています。

受診対象者 40歳未満の被扶養者(当該年度内に40歳になる方および乳幼児と就学者は除きます)
受診回数 年1回(4月1日から翌年3月31日までの間)
補助額 1人15,000円まで
  健診料(税込) 受診者負担 健保負担
配偶者健診
(40歳未満)
15,000円以下 なし 受診料全額
15,001円以上 健診料から15,000円の健保負担額を控除した額 15,000円

 当組合の契約している健診機関で受診する
健診機関の一覧はこちらをご参照ください。

 健診料金及び健診項目
当組合と健診機関との契約により、健保負担分は健保あてに、受診者負担分は事業所もしくは受診者あてに分けて請求されますので、受診後に補助金を申請する必要がありません。

  • 事業所あて
    請求健診機関が受診者負担額をまとめて事業所あてに請求します。
  • 窓口払い
    受診者が受診当日窓口で清算します。
健診料金および健診項目は健診機関と打合せして決めてください。1人当りの健診料金(オプション検査・消費税を含む)から健保補助額の15,000円を差し引いた額が受診者負担になります。

 健診までの流れ
1.  健診機関に下記事項を確認してください。
  • 事業所名
  • 健診項目と健診料金
  • 受診を希望する日
  • 受診者の氏名と生年月日
  • 問診表・採尿容器等受診資料の送付先
  • 受診者負担の支払方法(事業所あて請求か窓口払いかの別)
2.  健診実施承認願(事業所担当者用)利用書発行依頼書」(予防1) に「受診者名簿」(予防2)を添付し、健保組合に送ってください。(FAXで可‐03-3662-9955)

受診者名簿に記入する時
必ず受診者ごとに受診日を記入してください。
後日、受診日が変更になったときは、お電話でご連絡ください。
受診者ごとに健診機関名を記入してください。
受診者負担支払方法の欄は、必ず事業所あて請求か窓口払いかのどちらかを○で囲んでください。

3.  健保組合で受診者各自に利用書(受診者本人分と事業所控え各2葉づつ)を発行して郵送しますので、利用書(本人分)を受診者にお渡しください

4.  受診者は、当日利用書を健診機関の窓口に提出して受診します。

5.  健診結果は健診機関から本人あてに交付されます。



著作権についてプライバシーポリシー個人情報保護方針