お役立ちリンク集更新履歴健保ご担当者様へ 一覧サイトマップ
(担当:業務課 TEL:03-3662-9951)

 本人埋葬料について
被保険者(本人)が死亡したときは、一律50,000円が家族に支給されます。死亡したときに家族がいないときは、埋葬を行った方に、埋葬料の額の範囲で埋葬にかかった費用が埋葬費として支給されます。(18年10月改定)
 埋葬料を請求できる家族の範囲
死亡した被保険者に生計を維持されていた方のことで、生計費の一部を維持されていた方も含まれます。また、健康保険の被扶養者でなくてもよく、被保険者と同居している必要もありません。
  • 被扶養者に認定されていない家族が埋葬料を請求する場合
    被保険者(故人)との関係を証明できる書類「戸籍謄本若しくは除籍謄本(コピー可)」を請求書に添付してください。
  • 被保険者(故人)に埋葬料を請求できる家族がいない場合であって、埋葬を行った方が埋葬料を請求する場合
    「埋葬にかかった費用」の領収書(コピー可)を請求書に添付してください。
なお、「埋葬にかかった費用」とは、霊柩代・火葬料・僧侶の謝礼・葬壇一式料等を指しますが、埋葬料(一律50,000円)をこえる分は支給されません。また、葬儀の際の飲食費は支給対象から除かれます。

 家族埋葬料について
被扶養者となっている家族が死亡したときは、家族埋葬料として一律50,000円が支給されます。

>>埋葬料請求書

chickens_back_1.gif       
著作権についてプライバシーポリシー個人情報保護方針