お役立ちリンク集更新履歴健保ご担当者様へ 一覧サイトマップ
担当:業務課審査担当 TEL:03-3662-9953
基準収入額適用申請に関するお問合せは: TEL:03-3662-9951
年齢別窓口負担割合(20年4月改定)
年齢 負担割合
未就学児 2割
70歳未満 3割
70歳以上(現役並み所得者) 3割
70歳以上(一般) 2割
(経過措置として1割公費のため実質1割)

 70歳以上の「現役並所得がある方」とは
被保険者(本人)・被扶養者(家族)のうち、70歳以上75歳未満の方を「高齢受給者」といいます。(75歳からは老人保健の受給対象者となります)70歳以上の方は原則として医療費の1割負担ですが、高齢者にも支払い能力に応じた負担を求める観点から、次の方は3割負担となります。
  1. 高齢受給者である被保険者(本人)で、標準報酬月額が28万円以上の方
  2. 上記1)の被保険者(本人)および老人医療受給対象者(75歳以上)の方で標準報酬月額が28万円以上の被保険者(本人)の被扶養者(家族)である高齢受給者
ただし、上記に該当する方であっても、療養の給付を受ける日の属する年の前年(1月から8月までは前々年)の収入額が一定基準に満たない場合については、「基準収入額適用申請書(適用7)」を提出することにより、1割負担となります。
1)70歳以上の被扶養者がいる場合は、その被扶養者の収入も含め520万円未満
2)70歳以上の被扶養者がいない高齢者単身世帯の場合は383万円未満
と規定されています。

なお、収入金額を証明できる書類は「基準収入額適用申請書(適用7)」の留意事項4.をご参照ください。



著作権についてプライバシーポリシー個人情報保護方針