お役立ちリンク集更新履歴健保ご担当者様へ 一覧サイトマップ
健康保険組合では、加入している本人(被保険者)やその家族(被扶養者)が、お仕事以外の理由で生じた病気・ケガなどについて給付をすることや出産や死亡についても手当金の給付を行っています。

 ご注意
健康保険での給付は、あくまでも、お仕事以外の理由で生じた病気やけがに対して行われます。業務や通勤途上での病気やけがに対しては、労災保険が適用(優先)されます。
また、給付は医師が診療の必要ありと認めたものに限ります。単なる疲労や倦怠解消目的のマッサージ、美容目的の整形手術などには健康保険が使えません。

 法定給付と付加給付
健康保険法により定められた給付を法定給付といい、すべての健保組合に共通して給付されます。
また、各健保組合が独自に定めた給付を付加給付といい、法定給付に加算されます。

 現物給付と現金給付
医療サービス(医者や病院からの診察や薬など)そのものを現物給付される場合と、手当金などを現金給付されるものがあります。
現金給付は、その受けられる権利が2年で時効です。期限を過ぎると消滅しますので、ご注意ください。


著作権についてプライバシーポリシー個人情報保護方針